空調・換気・衛生・消火の建築設備施工・保守管理

お問い合わせ

経営革新

長期的視点に立って、人材育成、社内教育に力を入れています。

経営革新企業としての承認
経営革新企業としての承認

当社は『中小企業新事業活動促進法』に基づき、東京都知事よりリニューアル部門で経営革新企業として承認されました。

施工の現場では、技能工が幾種にも分かれています。これは新築工事を念頭においた分業であり、新築工事が主体の時代では効率的な分業でしたが、リニューアル工事では小規模で、作業範囲も狭く、この事がかえって非効率を生んでいます。

当社では、集合住宅の配管の取換えに係わる12程度の専門業種を半減させ、工期短縮とコスト低減を実現致しました。又、お客様に何よりも喜 ばれているのは、各住戸に出入りする職人の数の少なさです。一方、作業をする職人にとっても、担当住戸での責任範囲が広く、区分が明確なので、やりがいの ある仕事となっています。通常のマンションリニューアル工事においては、約12職種の編成により現場を施工していますが、当社は『多能工化』により4職種 での編成を実現させました。

 

 

kakushin01

 

例えば、マンションの1室において壁の中の水道管より漏水している場合、次の手順により補修されます。

  1. 壁を解体し漏水箇所確認(大工)
  2. 漏水箇所の配管補修(配管工)
  3. 壁下地貼り(ボード工)
  4. クロス貼り(クロス工)

この程度の作業においても、4業種が必要となり、緊急時の場合、1社でも手配出来なければ2日間の工事となります。マンションリニューアル工事においては、大小の規模を問わず各工程毎に連続的な施工が必要なため、職種によっては1日に2~3時間程度しか作業がないケースがあります。又、大規模工事においては、職種別の工程に継続性がなく、同じ作業員で施工することが困難となる場合があります。作業員が代わることにより、はじめから説明をする必要があり、生産性にも大きく影響し、現場管理においても負担が発生致します。『多能工化』を実現させてことにより、継続的に少人数で効率良く生産性を高める事が可能となり、また工期短縮にも繋がりました。

 

kakushin02