空調・換気・衛生・消火の建築設備施工・保守管理

お問い合わせ

権限委譲が進んだ現場

現場代理人は社長の代理人という考えから予算交渉から施工設計まで全てを任されます。

field_001b世間では現場担当者の事を『現場監督』と呼びますが、正式には『現場代理人』といいます。何故『代理人』なのか?それは担当する現場に於いては『社長の代理で現場を管理している人』だから『代理人』な訳です。

私たちの会社もこれに習い、色々な物事を各担当者に責任を持って判断し実行して貰っています。工程も予算もお客様や他の業者さん達と話し合 い、自分達で判断し、自分達で決めていきます。責任重大ですが、言われた事をただ遂行するのではなく、そこに自分達の『意志』が反映されます。とてもやりがいのある仕事なので現場完成時の達成感は何物にも変えがたい喜びになります。

field_002bまた、当社では社内の重点実施項目も、若い社員が担当者となり推進しています。自分達で考え、自分達で改善し、自分達で会社を作っていく。これも我々の考える『社員教育』の一環であり、『人財』を育てる最良の方法です。

*弊社では『人材』の事を『人財』と標記します。

field_003bfield_004b